Home » 酵素ドリンクの作り方 » 酵素ドリンクの作り方とは?

酵素ドリンクの作り方とは?

酵素ドリンクの作り方

酵素ドリンクは手作りのものと市販のものがあり、それぞれの良さがありますが、ここでは手作りの酵素ドリンクの作り方についてご紹介しましょう。
野菜や果物を発酵させて酵素シロップを作るので比較的自宅でも簡単に作ることができます。
手作り酵素シロップを薄めて飲むことを習慣にして、美容や健康に良い生活をおくりましょう。

果物や野菜を発酵させるのには、細かく刻んで砂糖に漬けることから始めます。
それを日々手で混ぜながら常温で発酵させていくのです。
酵素シロップ作りにはその季節の旬の材料が向いています。
作り始めは慣れるまではなるべく決まった材料を使っていきましょう。

まずは、ガラスやプラスチックの透明の容器を用意します。
一度に作るのに大体果物と野菜合わせて1kgと砂糖1.1kgを使用しますので、それが入って手を入れてかき混ぜられる容器を選んで下さい。
材料はなるべく無農薬のものを、砂糖は白砂糖を用意します。
材料は細かく切りましょう。
砂糖と材料を容器の中で交互に入れていきます。
最後は砂糖で蓋をするようなかたちにします。
酵素は生き物ですので、密封しないようにして下さい。
冷蔵庫には入れずに常温で発酵をさせます。

毎日1.2回清潔な手で空気に触れるようかき混ぜていくと、5.6日で材料がしんなりしてきます。
材料も浮いてきて表面に泡が見えてきます。
そして、仕込みから10〜12日ぐらいでかき混ぜた時に細かい泡が出てきます。
これが発酵の合図です。
この頃には甘酸っぱい香りがしてきます。
最後にザルやガーゼを使って漉していきます。
絞ってしまわずゆっくり時間をかけて漉しましょう。
漉したシロップを保存瓶に入れて冷蔵庫で保管しましょう。
これで手作り酵素シロップの完成です。